春いちばんの甘くてやわらかい

徳島の『新にんじん』

 徳島の新にんじん(春にんじん)の生産量は日本一です。

 徳島の新にんじん 

 寒い冬を越して、春いちばんに全国のみなさんにお届けするために、徳島のにんじんは大型トンネルで大事に育てています。雨にあたらないため乾燥状態で生育するため、徳島産のにんじんは甘くてやわらかいのが特徴です。徳島の豊かな風土と気候の中でのびのび育った甘くておいしい徳島の新にんじんをぜひご賞味ください! 

ワンポイントアドバイス

徳島のにんじんは、大型トンネルで大切に育てています(写真:JA美馬)
にんじんを収穫して出荷するまでの作業工程
 収穫適期になるとハウスを取り除き、収穫します。最近では機械による収穫が多くなっています。左写真が機械収穫。右写真が手掘りによる収穫。
 収穫後、選果場があるJAもしくは個人宅に運びます。収穫されたにんじんを洗い、泥などをきれいに落とします。その後、規格別(大きさ別)に箱詰めをしていきます。
写真:JA板野郡住吉支所
写真:JA板野郡大山支所
 箱詰め後、品質・鮮度を維持するため予冷庫で冷やし、トラックで日本全国へにんじんを届けます。
写真:JA美馬
写真:JA板野郡板西支所
JA名 
出荷量  
徳島市
3,111t
名西郡
686t
あなん
1,959t
かいふ
64t
板野郡
32,498t
徳島北
14t
阿波郡東部
33t
市場町
207t
麻植郡
3,576t
美馬
441t
合計
42,589t
出荷先:東北・関東・信越・北陸・東海・近畿・中国・四国

出荷時期:3月中旬~5月

平成22年産出荷実績
 徳島県では、品質の良いおいしいにんじんを作るため、品種試験や品質査定会を実施しています。
写真:JA板野郡管内
写真:東京都中央卸売市場大田市場
写真:大阪市中央卸売市場
園芸部ホームページへ
写真:JA徳島市